活力みなぎる市政の実現

ごあいさつ

私は、平成15年、皆様のお支えにより江戸崎町議会議員に初当選して以来、通算で4期にわたり稲敷市議会議員を務めてきました。

私はこのまちが大好きです。しかし、合併から11年経過したものの、地域におけるつながり・絆は年々希薄になり、人口減少率も県内ワースト2という現状にあります。アベノミクス効果により、確かに東京は元気を取り戻しつつあるかもしれませんが、私たちの周辺にはほとんどその効果が届いていないのが実情です。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、今こそ、ご年配の方々はもとより、私たちの子どもたち、孫たちのために、すべての市民の皆様の目が輝き、夢と希望に満ちた、活力みなぎる市政を、市民の皆さん、市議会、市職員の方々と一丸となってつくっていこうではありませんか。

このまちの宝は「人財」です。私はこれまでなかなか光の当たらなかった様々な課題についても、それを見過ごさず、一つひとつ丁寧に解決に向けて力を注いでいくことで、市民の皆様が、このまちに生まれ、育ち、住み、働いて、本当に良かった、と思っていただけるような市政、市民くらし満足度ナンバーワンのまちをめざして参ります。

停滞か、それとも活力みなぎる市政の実現か。今度の闘いは、私たちの未来の選択です。

どうか、皆様の貴重な一票を私に託してください。私を市長として働かせてください!

根本こうじ